僕らが島旅に出る理由

未来へつなぐ、島旅の提案

僕はたまになぜ生きているのか
わからなくなる時があるんだ

“よく生きる”ためには
大切なモノのために
自分の得意なこと活かして
貢献できる環境にいること
これが鍵だってことは
薄々気がついてはいるんだ

ただ生きるために生きるには
人生は意外と長いし
あまりにも過酷なことが多い

存在の意義を語れない場所にいると
大切なモノがぼやけてくるし
誰にも認められない場所に長くいると
僕には何もできない気がしてくる

起き上がれなくなってしまう前に
僕の“大切なモノ”と“得意なこと”を
思い出したくて旅に出てみたんだ

たまたま選んだ島だけど
太平洋に浮かぶこの島に訪れた

便利とか条件がとかじゃなくて
説明はしてくれないけど
“ただ好きだからね”って
島を守り暮らす人々に触れた時

壊れても再生していく
自然の力強さに気がついて
1つひとつが関わり合って再生している
その関わりの中に
小さくても静かに僕も存在しているんだ
って腑に落ちたとき

離島への旅には
何かを思い出すきっかけになるような
偶発的な出会いが転がっている
それを拾い集めにいくんだ

だから僕らは島旅に出る

伊豆大島ミライプロジェクト企画の新しい島旅の提案

新しい旅のスタイルの創発を目指す取り組みとしてスタートした伊豆大島ミライプロジェクト。これまで伊豆大島ミライプロジェクトメンバーとの対話を重ねながらイメージを膨らませつつ、島外からも協力メンバー達が大島に集い、フィールドワークやワークショップを通じて、関わりしろを生み、学びや気づきにあふれる、そんな旅を組み立てるメソッドやフレームワークを作り出すことを目指しながら新しい島旅について考えてきました。

新しい旅行業のカタチを考える合宿『火おこし-Hiokoshi-』実施レポート

東京都の「令和4年度島しょ地域のブランド化支援ー東京宝島アクセラレーションプログラム」支援対象の一環として立ち上がった伊豆大島ミライプロジェクトによる新しい旅行業のカタチを考える合宿『火おこし – Hiokoshi – 』を伊豆大島にて実施しました。

今回、そんな島旅の具現化に向けたモニターツアーを実施します。ぜひ、興味のある方はご参加いただき、島旅を通じて学びや気づきに溢れ、豊かなコミュニティが生まれる。そして、新たな可能性がひろがるワクワクする取り組みに参加してみませんか?

ツアー概要について

宿泊場所

ホテル赤門(東京都大島町元町1-16-7)※男女別相部屋(1室につき2名〜3名)

活動拠点

伊豆大島クエストハウス(東京都大島町元町 家の上416-4)

対象

18歳以上

交通手段

【往路】
①東京港竹芝桟橋より2月3日(金)22:00発大島行き大型客船に乗船
②東京港竹芝桟橋より2月4日(土)8:30発大島行き高速ジェット船に乗船

【復路】
①大島出帆港より2月5日(日)14:35発東京行き高速ジェット船に乗船
②大島出版港より2月5日(日)14:35発東京行き大型客船に乗船

※現地までの往復路の交通については各自での手配・支払となります
※上記の交通手段についてはあくまでも推奨となります。個別に飛行機(新中央航空)の利用も可能です。
※大島への乗船券の手配については東海汽船のサイトをご確認ください。

開催主旨

『伊豆大島と旅行者の関係性を深めるツアーのプレ実施』

内容

参加費

宿泊費(1泊2日朝食付)、プログラム費、1日目の昼食・夕食、保険についてはモニターツアー参加特典としてご負担いただく必要はございません。現地までの往復交通費、2日目の昼食代等は実費となります。

保険

主催事業者が参加者皆さま分の国内旅行傷害保険に加入申請いたします。

Back戻る

Follow me!